構想について

ご挨拶

理事長 宮原 明

理事長宮原 明

関西学院は創立以来、建学の精神である「キリスト教主義に基づく全人教育」によって、世界で活躍する多くの卒業生を輩出してまいりました。この度、創立150周年を迎える2039年を見据え、超長期ビジョン(ありたい姿・あるべき姿)と長期戦略(前半10年間の方向性)からなる将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」を策定いたしました。変化の激しい予測困難な時代を迎えますが、関西学院は「スクールモットー“Mastery for Service”を体現する、創造的かつ有能な世界市民を育てる」というミッションを改めて確認した上で、理想に向かって信念をもって変化し続けなければなりません。それは、まさにタイトルの通り困難な課題への大きな「Challenge(挑戦)」です。一層魅力に富んだ新しい関西学院の創出にぜひご期待ください。

「Kwansei Grand Challenge 2039」の策定について

副理事長・学長 村田 治

副理事長・学長村田 治

2039年、日本は超高齢化社会になり、18歳人口が3割減少し、AIによって社会や仕事のあり方が劇的に変化します。今年卒業する学生は40代半ばを迎えます。未来の課題は現在の課題でもあります。卒業生には、「強さと品位」を兼ね備え隣人・社会・世界に貢献する「真に豊かな人生」を送ってほしい。 そのためには、学生にどのような資質をどういう方法で身に付けさせるのか。関西学院はどうあるべきか。それが本構想を貫く主題です。学生が必要な知識・能力・資質を身に付け(学修成果の修得)、大学はそれを保証する仕組みを確立し(学生の質の保証)、学生は自らが望む就職・進路を実現させる(質の高い就労)。これらを目標に定め、2018年度に次のステップとして中期総合経営計画の策定に取り組みます。

構想の概要

特長

  1. 学修成果を含め、
    学生の“Outcome”
    に焦点

    詳細はこちら
  2. 未来予測からの
    演繹的なアプローチ

    詳細はこちら
  3. 学院全体が連動する
    総合的計画へ

    詳細はこちら
  4. 経営と教学の
    一体的な取り組み

    詳細はこちら
  5. 透明性の高い
    プロセス

    詳細はこちら
  6. KGI/KPIの設定

    詳細はこちら

全体の策定プロセス

全体の策定プロセス