中期総合経営計画

学士課程教育(1)
教育の⾧期的成果の検証/学修成果を把握・評価する仕組みの構築

責任者統轄部署実施計画
No.
『2019-2021年度実施計画』担当部署学部/研究科
総合企画部長 総合企画部 「Kwanseiコンピテンシ―」の策定と運用 総合企画部、教務機構 必要⇒【必須型】
三つのポリシ―に基づく教学マネジメントの推進
(3ポリシ―見直し・検証、カリキュラム見直し・拡充、
カリキュラムマップの整備)
教務機構 必要⇒【必須型】
質の高い就労を示す新たな指標の開発 キャリアセンタ―
卒業生/卒業時調査の企画・実施 高等教育推進センタ―
国際通用性のある教育の質保証システムの構築(SGU4-1) 高等教育推進センタ―
(TF質保証)

2019.07.05更新

関連する実施計画:「Kwanseiコンピテンシ―」の策定と運用「Kwanseiコンピテンシー」を策定~すべての学生が身につけるべき知識・能力・資質~

本学では2019年3月、「すべての学生が卒業時に学部の区別なく共通に身に付けるべき知識・能力・資質」を「Kwanseiコンピテンシー」として定め、これを大学の教育に通底するものとして位置付けることとしました。「Kwanseiコンピテンシー」は、「長期戦略(2018-2027)」の主たる目標である「質の高い就労」「学生の質の保証」「学修成果の修得」を具体化する施策の一つで、学長をコンビーナとするWGが、本学のミッションステートメント、スクールモットー、「新基本構想」で定めた「めざす人間像」、大学が2011年度に策定した「KG学士力」、OECD(経済協力開発機構)の「Education 2030」などを参考にしながら半年ほど議論を重ねて策定しました。

今後は、すべての学生が「Kwanseiコンピテンシー」を一層身につけるため、基盤教育のカリキュラム改革など様々な施策に取り組んでいきます。

2019.07.05更新

関連する実施計画:卒業生/卒業時調査の企画・実施2018年度の卒業生を対象とした「卒業時調査」を実施

高等教育推進センターでは、2019年3月の卒業式当日に各学部・ゼミの協力を得て、「卒業時調査」を実施しました。これは2018年度から行う初めての調査で、これまで実施してきた在学時の「学生調査」、卒業後の「卒業生調査」に加えて、卒業段階での学修成果の状況を把握することで、大学教育の成果を検証し、PDCAサイクルを循環させることを目指しています。スクールモットーの浸透度、在学中に身についた能力、本学の教育内容・方法のあり方などを点検・評価し、改善方法・方策を考える貴重な資料として、今後有効に活用していきます。